> コラム > 気候変動におけるASEAN各国の取組み 経済成長でCO2排出増、対応は?
ASEAN各国の環境・エネルギー事情

気候変動におけるASEAN各国の取組み 経済成長でCO2排出増、対応は?

産業革命以降、人はその活動が大きく自然に影響を与える存在となった。そして、今では1つの国では制御しきれない問題も多く発生してきている。その最たるテーマの1つが気候変動であるが、ASEAN各国がどのような取り組みをしているのか今回は見てみたい。

グローバルの中でのASENAのポジションと各国のCO2排出量

世界全体では、2014年段階で約360億tのCO2が排出されていた。そのうち中国がダントツで102億t (約28%)を占める。その次がアメリカ53億t(約14%)で、日本は12億t(約3%)となっており、これはおおよそASEAN全体の14億tと同じくらいの水準である。
ただし、傾向としてはアメリカ、日本は比較的横這いなのに対して、ASEANはCO2排出が増えている。

025010-2

出所:The World Bankのデータをもとに北村氏作成

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 93 %

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.