ASEAN各国の環境・エネルギー事情

国家政策で拡大するか タイのヘンプ・マーケット(その2)

  • 印刷
  • 共有

前回、タイでは大麻に関する規制緩和が急激に進んでいる状況をお伝えした。

タイが国家主導で進めるBCG(バイオ・サーキュラー・グリーン)経済政策にも関連する本マーケットについて、今回は解禁後の状況や、どのような用途で使われているのか? どんなプレーヤーがビジネスをしているのかについて触れてみたい。


画像はイメージです

タイにおける大麻関連動向

前回、タイの大麻に関する規制緩和について近年の動きを整理した。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

イベント情報