ASEAN各国の環境・エネルギー事情

動き出したタイの「カーボンクレジット市場」 企業・政府の動向を追う

  • 印刷
  • 共有

2021年10〜11月に開催されたCOP26で、タイのプラユット首相は、2050年までにカーボンニュートラルを達成する目標を宣言した。その後しばらく具体的な動きがなかったが、ここ半年くらいでようやくタイのカーボンクレジット市場も少しずつ動き出してきたように見える。どんな団体がどのような活動をしているのか紹介したい。

タイでカーボンクレジットに関わる主な団体

33731_001
画像はイメージです

まず、タイで脱炭素に関する政策の実行機関は、Ministry of Natural Resources and Environment(天然資源・環境省)傘下にあるThailand Greenhouse Gas Management Organization (TGO)がある。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報