> コラム > ASEANのスマートシティ構想
ASEAN各国の環境・エネルギー事情

ASEANのスマートシティ構想

2010頃から都市のエネルギー効率化を主な目的としてスマートシティ構想が提唱されるようになってきた。

近年ではその解釈が拡大され、より広範囲な分野に適用されていると共に先進国だけでなく途上国における主要都市にも広がりを見せている。

スマートシティとは何か?

日本の国土交通省ではスマートシティを以下のように定義づけている。

都市が抱える諸問題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画・整備・管理・運営)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区

スマートシティが求められる背景としては、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 95 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.