> コラム > ASEANでカーボンニュートラル? タイの実情(第3回)
ASEAN各国の環境・エネルギー事情

ASEANでカーボンニュートラル? タイの実情(第3回)

前回に引き続き、多くの日系企業が進出しているタイの製造業がカーボンニュートラルを実現するためにどんなことができそうかを考えてみたい(第2回はこちら)。今回はグリーンエネルギーの創出・購入や、カーボンオフセットの実情などについて紹介する。

グリーンエネルギーの創出・購入

2015年時点では発電全体における再生エネルギーによる発電比率が15%程度であったが、天然資源・環境省におけるAlternative Energy Development Plan (AEDP)再生可能エネルギー開発プランによると、2036年までに再生エネルギー比率を30%にまで増やし、その内訳は以下のようになると発表されている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

ASEAN各国の環境・エネルギー事情 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.