> コラム > ASEANのスマートシティ構想(その2)
ASEAN各国の環境・エネルギー事情

ASEANのスマートシティ構想(その2)

2010ごろから都市のエネルギー効率化を主な目的としてスマートシティ構想が提唱されるようになってきた。前回(ASEANのスマートシティ構想)はASEANの中でも特にスマートシティ先進国であるシンガポールと、GDP総額が大きなタイに触れたが、今回は「ASEANスマートシティ・ネットワーク」に選定されているその他の都市の現状と、どのような方向性のスマート化が求められるのか、そのあたりを取り上げてみたい。

ASEAN Smart City Network

「ASEANスマートシティ・ネットワーク」はASEAN各国から26都市を選出し、各都市においてスマートシティ開発促進を目的として2018年にスタートした。ASEAN全体での取り組みとして対象エリアや活動範囲を大きくすることにより域内・域外の民間企業・諸外国から様々な連携の動きも出始めてきている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

ASEAN各国の環境・エネルギー事情 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.