ASEAN各国の環境・エネルギー事情

ASEANでカーボンニュートラル? タイの実情(第2回)

COP26の影響もあってか、ここ数か月だけでも多くの大手企業がカーボンニュートラルや脱炭素に関わるプレスリリースを発表している。そしてグローバル企業大手が日本の本社でカーボンニュートラル実現を宣言すると、当然のことながら多くの製品の製造を行っているタイの日系工場での活動も強化が必要になってくるが、正直タイ側はほとんど準備ができていないのが実情という印象を受ける。

前回(第1回)に引き続き多くの日系企業が進出しているタイの製造業がカーボンニュートラルを実現するためにどんなことができそうかを大枠で考えてみたい。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報