> コラム > ASEANでカーボンニュートラル? タイの実情(第2回)
ASEAN各国の環境・エネルギー事情

ASEANでカーボンニュートラル? タイの実情(第2回)

COP26の影響もあってか、ここ数か月だけでも多くの大手企業がカーボンニュートラルや脱炭素に関わるプレスリリースを発表している。そしてグローバル企業大手が日本の本社でカーボンニュートラル実現を宣言すると、当然のことながら多くの製品の製造を行っているタイの日系工場での活動も強化が必要になってくるが、正直タイ側はほとんど準備ができていないのが実情という印象を受ける。

前回(第1回)に引き続き多くの日系企業が進出しているタイの製造業がカーボンニュートラルを実現するためにどんなことができそうかを大枠で考えてみたい。

製造業がカーボンニュートラルを実現するための施策

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

ASEAN各国の環境・エネルギー事情 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.