> コラム > 入門廃棄物道場 Vol.3-A 産業廃棄物の収集運搬業の法律のポイント
入門 廃棄物道場

入門廃棄物道場 Vol.3-A 産業廃棄物の収集運搬業の法律のポイント

環境ビジネス編集部

記事を保存

Q.産業廃棄物の収集運搬業の法律のポイントを教えてください。

A.「特別管理」「安全対策」「積替え・保管」の3点を抑えましょう。

他社の産業廃棄物を運んだり(収集運搬)、有害な産業廃棄物を無害化したり(中間処理、最終処分)するには資格が必要で、資格なしで行うと犯罪になってしまいます。産業廃棄物処理業の許可は、5年間有効で、事業を継続する場合は、許可期限満了日の2~3ヵ月前に、更新許可申請をしなければなりません。

産業廃棄物処理業の許可を持っているということは、処理能力や業務体制、事業の継続性などを行政が認めているということです。許可の種類は産業廃棄物収集運搬業と産業廃棄物処分業の2つに大きく分かれます。これらの頭に特別管理がついた「特別管理産業廃棄物収集運搬業」と「特別管理産業廃棄物処分業」があります。これらを総称して「産業廃棄物処理業」といっています。

収集運搬業と処分業で、それぞれに守らなければならない法律のポイントがあります。

廃棄物の扱い方には物質の性質に応じて厳格な基準が定められており、収集運搬の際は、廃棄物の性質に応じた安全対策が必要です。また、積替え・保管には別の許可が必要になります。安全対策の4つの重要ポイントをあげてみましょう。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

入門 廃棄物道場 バックナンバー

解説者

尾上 雅典氏
尾上 雅典氏
行政書士エース環境法務事務所代表。兵庫県で産業廃棄物の規制業務などに従事した後、平成16年退職、行政書士事務所を開業。現在は、排出事業者からの廃棄物法務に関する相談や、産業廃棄物処理業者の経営支援、廃棄物処理法に関するセミナー講演、廃棄物に関する許認可手続きなどを主要な業務としている。無料メールマガジン「よく分かる!!廃棄物問題」を発行。著書『最新産廃処理の基本と仕組みがよ~くわかる本』
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.