> コラム > 入門廃棄物道場 Vol.4-B 特別管理産業廃棄物の収集運搬における緊急対応策
入門 廃棄物道場

入門廃棄物道場 Vol.4-B 特別管理産業廃棄物の収集運搬における緊急対応策

環境ビジネス編集部

記事を保存

Q.特別管理産業廃棄物の収集運搬における緊急対応策で重要なことは何ですか?

A.積荷の性状を知り、万一に備えて日頃から準備しておくことが重要です。

特別管理産業廃棄物とは、爆発性、毒性、感染性、その他の人の健康や環境に被害を生ずる恐れがある性状を有するものです。したがって、その取扱いには細心の注意が必要です。

中間処理場ではさまざまな設備上・管理上の対策が講じられますが、収集運搬時は車両、容器、対応備品、そしてドライバーだけが頼りとなりますので、さらに注意が必要です。

さて、特別管理産業廃棄物の収集運搬は、化学物質製品の運搬と比べると大きなリスクがあり、その困難さがご理解いただけると思います。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

入門 廃棄物道場 バックナンバー

解説者

黒崎 由行氏 代表取締役社長
環境ワークス 黒崎 由行氏 代表取締役社長
本社: 栃木県宇都宮市。1994年設立。国際レベルの包括的な環境コンプライアンス研修を提供。代表の黒崎氏は大手化学会社で10年間環境安全衛生管理業務に携わったのち33歳で独立。ISO14001・OHSAS18001の審査やコンサルティングを通して様々な環境安全衛生問題と対峙してきた日本でもトップレベルの環境安全コンサルタント。
記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.