> コラム > 入門廃棄物道場 Vol.3-D コンプライアンスが顧客満足につながる
入門 廃棄物道場

入門廃棄物道場 Vol.3-D コンプライアンスが顧客満足につながる

環境ビジネス編集部

記事を保存

Q.コンプライアンスがなぜ顧客満足につながるのでしょうか。

A.排出事業者にとって重要な経営課題となっているからです。

建設廃棄物の収集運搬には4トン~10トンのトラックの荷台の上での積み下ろしやクレーンのようなブームを備えた高所作業車での高所作業がつきものです。こういった車輌の荷台の高さは2~3mですが、これくらいの高さから転落して頭を打ったときの死亡率が一番高いのです。高所作業車では、上のほうをみて作業をするので、足元を滑らせることも多く、たかが2mという油断が命取りになります。

事故防止のため共同土木では安全帯をつけることをルール化していますが、これは顧客からの要望でもありました。自社工場内では、停車スペースの上に柱があり、安全帯をつけて積み下ろし作業を行います。巡回回収の場合は荷台につけた2本の柱にロープを張ってそこに安全帯をつけます。この作業に最低7~8分はかかりますが、従業員の安全には変えられないのと、顧客の信頼の両側面から現場での周知徹底に努めています。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

入門 廃棄物道場 バックナンバー

アドバイザー

共同土木 久米 直志氏 業務統括部 千葉中間処理工場・副工場長
本社:埼玉県上尾市。1973年6月設立(1965年創業)。 "良い環境は、人々のモラルから創られます"を設立当初からのモットーとする。埼玉県と千葉県に中間処理施設をもち、収集運搬の配車予約から中間処理実績・情報管理まで、全工程をオンラインコントロールで一括管理する先進的システムをいち早く導入。包括的な情報管理システムにより、産業廃棄物処理業の信頼性向上への貢献を目指す。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.