> コラム > 入門廃棄物道場 Vol.5-B 抑えておくべきコンプライアンスのポイント
入門 廃棄物道場

入門廃棄物道場 Vol.5-B 抑えておくべきコンプライアンスのポイント

環境ビジネス編集部

記事を保存

Q.中間処理施設で働く人にとって抑えておくべきコンプライアンスのポイントは何ですか?

A.廃棄物を商品やその原材料と考えて扱うことです。

汚泥処理の基本フロー

汚泥処理の基本フロー:廃棄物の処理では作業フローを明確にし、速やかに作業を行うことが必須となる。(出所:『新・廃棄物学入門』田中勝著)

要は作業フローと人員配置

まず、廃棄物処理施設である以上、中間処理施設のなかは廃棄物でいっぱいです。この廃棄物が場外に出てしまうことがあります。紙やビニールなどが風で飛ばされることもしばしば。廃棄物の飛散を防ぐには日頃から場内をきれいに片づけておかなければなりません。同様に運搬車両が施設に着くまでのあいだに廃棄物が道路に落ちたり、飛散したりしないように運転手たちへの指導を徹底しなければなりません。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

入門 廃棄物道場 バックナンバー

解説者

相馬 健氏
行政書士 相馬 健氏
本社:行政書士相馬健事務所代表。平成8年行政書士登録。数多くの産業廃棄物の許認可業務を手がける。産業廃棄物の中間処理・積替え保管施設の許可申請を得意分野とし、現場の実情を踏まえた丁寧なアドバイスを心がけてきた。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.