> コラム > 入門廃棄物道場 Vol.3-B 中間処理と最終処分の違い
入門 廃棄物道場

入門廃棄物道場 Vol.3-B 中間処理と最終処分の違い

環境ビジネス編集部

記事を保存

Q.中間処理と最終処分の違いを教えてください。

A.法律上はどちらも産業廃棄物処分業です。

収集運搬業は運搬する車輌と運転手がいて、許可を取ればすぐに事業を始めることができます。最も簡単に許可がとれることから、副業としても有効です。納品する荷物を運んで空になった車輌に廃棄物を積んで帰ってくれば空荷で車輌を走らせなくてもいいため、無駄がなくCO2削減にも貢献できます。

しかし、収集運搬業は価格競争が激しく、効率的な配車を考えないとコストが高くなってしまいます。ダンピングなどが不法投棄の原因になっているともいわれています。都道府県をまたいで収集運搬をする際には許可を取る自治体の数が多くなるという煩雑さもあります。適正かつ効率的な収集運搬には広域化やIT化が不可欠といわれています。

これに対して処分業は、許可を申請する自治体は1つ。しかし、広い敷地や大規模なプラントなどが必要で初期投資額は収集運搬業より大きくなります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

入門 廃棄物道場 バックナンバー

記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.