> コラム > リノベーションと万世橋
LED照明 ― 最前線のデザイン

リノベーションと万世橋

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

万世橋

先日、秋葉原にJR東日本ステーションリテイリングによるmAAchマーチエキュート神田万世橋という名の商業施設がオープンした。

僕自身は鉄道に強い興味のある人間ではないので、関係者や思い入れのある人々には大変失礼なのだと思うが、過去、その場所に万世橋駅なるものがあったことを知らなかった。僕の事務所から歩いて5分の場所であるにも関わらず、しかも、よくこの敷地の前を通っていたにもかかわらず、「レンガの壁」という印象以外になにも感じていなかった。しかもそのレンガの壁が歴史ある古いものなのか、古めかしく作ったものなのかすらも、自分自身で判断すらもしていなかった。

しかし調べてみると、万世橋高架橋は、JR御茶ノ水駅と神田駅の間にあり、万世橋から神田川に沿って外堀通りまで続いている1912年に作られたレンガ造りの高架橋という大変歴史ある建造物だ。

その場所が、耐震補強を施された上で、商業施設として生まれ変わったのである。1943年に駅としての機能を休止して以来70年ぶりに公開される階段や、交通博物館時代の痕跡をいたるところに見ることのできるこの商業施設は、この場所の歴史を知る人や鉄道好きの人には大変魅力的な場所なのではないだろうか。

僕がこの施設の照明デザインをすることになった経緯はさておき、まだまだ修正の必要な箇所も散在しているが、それでもおおよそのところ、よくできたと思っている。

(※全文:304文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

LED照明 ― 最前線のデザイン バックナンバー

この記事の著者

岡安 泉氏
岡安 泉(おかやす・いずみ)
株式会社 岡安泉照明設計事務所代表

 1972年神奈川県生まれ。1994年日本大学農獣医学部卒業後、生物系特定産業技術研究推進機構に勤務、1999年より2007年まで照明器具メーカー勤務のほか、2003年super robotで活動開始、2005年ismi design office 設立。2007年岡安泉照明設計事務所に改称。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.