> コラム > 電力販売に自治体が乗り出す ~サンフランシスコ市の取組みから~
環境エネルギー都市 最新事例

電力販売に自治体が乗り出す ~サンフランシスコ市の取組みから~

 印刷 記事を保存
カーボンフリー電力でサンンフランシスコ市内を走るMUNIバス(筆者撮影)

カーボンフリー電力でサンンフランシスコ市内を走るMUNIバス(筆者撮影)

日本では電力全面自由化を控え、様々な業種から電力市場への参入が表明されているが、自治体が大きな発電設備を所有していることはあまり知られていない。自治体所有の発電設備の主力はダム付帯の水力発電だ。発電された電力は、電力会社等に売電(卸供給)されているが、これは公営電気事業と呼ばれ、現在25都道府県1市が実施している。

(※全文:1525文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.