> コラム > 太陽光パネルで街をちょっと便利に(公衆電話がソーラーボックスに変身!?)
環境エネルギー都市 最新事例

太陽光パネルで街をちょっと便利に(公衆電話がソーラーボックスに変身!?)

 印刷 記事を保存

太陽光パネルで街をちょっと便利に。ここでは、街中ソーラー充電スタンド、ソーラーボックス、ソーラーベンチといった太陽光パネルを用いた国内外の面白い取組みを紹介したい。

日本初 街中ソーラー充電スタンド「シティチャージ」が登場

東京都環境公社とシャープ株式会社は、太陽光パネルからの電気でスマートフォンなどを無料で充電できる「シティチャージ」を、今秋をめどに日本で初めて設置する。まずは東京タワーと虎ノ門ヒルズの2か所に設置し、利用状況などを検証した上で、今後の導入拡大を図る。

シティチャージは、無料のソーラー充電スタンドで、蓄電池を内蔵しており、夜間・雨天時でも利用できる。また、外国人旅行者にも分かりやすいようピクトグラム(絵文字)も表示する。

「シティチャージ」のイメージ図・充電サービスのピクトグラム

(写真左)日本初 街中ソーラー充電スタンド「シティチャージ」のイメージ図
(写真右)充電サービスのピクトグラム

本事業は、東京都環境公社が東京都と連携して進めており、設置事業者としてシャープ株式会社が選定された。東京都環境公社が、無料で設置場所の提供を受けるための交渉を担当する。一方、設置事業者であるシャープは、費用負担の上シティチャージを設置し、その替わりに設置事業者としてロゴをシティチャージに掲示する。

7月21日の記者会見で本事業を発表した舛添都知事は、「これらの取組みで、太陽光発電の普及と都民・旅行者へのサービス向上を図っていきたい」としている。

ニューヨークには「ストリートチャージ」

東京都の「シティチャージ」は、ニューヨークの「ストリートチャージ」を参考に企画した。ストリートチャージは、米国大手通信会社AT&T社がニューヨーク市と連携し実施しているもので、公園・湾岸地域を中心にニューヨーク市内に約30機が設置されている。

ニューヨーク市は公園等への設置に許可を出すのみで、ストリートチャージ設置に際し予算措置はしていない。AT&Tが費用負担の上、設置・メンテナンスを行っている(東京都のシティチャージと同様の事業モデルである)。

音楽を聞きながらストリートチャージで充電・サンフランシスコのストリートチャージは道の真ん中に

(写真左)音楽を聞きながらストリートチャージで充電(ニューヨークのユニオンスクエア)(写真右)サンフランシスコのストリートチャージは道の真ん中に ※筆者撮影(平成26年8月)

AT&T社の責任者にヒアリングを行ったところ、AT&T社の目的はストリートチャージへのロゴ掲示、CSR、本業(携帯キャリア)との相乗効果とのことであった。また、社としてストリートチャージ設置事業には満足しており、拡大を検討したいとのことであった。

なお、設置事業者は別であるが、ストリートチャージはニューヨークのみならずサンフランシスコやボストンなどにも設置されている。

次ページ →ドバイにもちょっと変わったソーラー充電スタンド

1 2

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.