> コラム > 太陽光パネルで街をちょっと便利に(公衆電話がソーラーボックスに変身!?)
環境エネルギー都市 最新事例

太陽光パネルで街をちょっと便利に(公衆電話がソーラーボックスに変身!?)

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光パネルで街をちょっと便利に。ここでは、街中ソーラー充電スタンド、ソーラーボックス、ソーラーベンチといった太陽光パネルを用いた国内外の面白い取組みを紹介したい。

日本初 街中ソーラー充電スタンド「シティチャージ」が登場

東京都環境公社とシャープ株式会社は、太陽光パネルからの電気でスマートフォンなどを無料で充電できる「シティチャージ」を、今秋をめどに日本で初めて設置する。まずは東京タワーと虎ノ門ヒルズの2か所に設置し、利用状況などを検証した上で、今後の導入拡大を図る。

(※全文:1,675文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

環境エネルギー都市 最新事例 バックナンバー

この記事の著者

稲垣 憲治(いながき・けんじ)

(公財)東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センター (東京都 環境局 地球環境エネルギー部)

平成17年3月東京大学大学院修了(エネルギー工学)。同4月文部科学省入省、原子力計画課係長などを経て22年3月退職。同4月東京都庁入庁。ソーラー屋根台帳や屋根貸しマッチング事業、シティチャージ設置事業など自治体の新しい太陽光発電普及策の企画に従事。26年4月から(公財)東京都環境公社(都から派遣)。5か国10都市で先進都市の再生可能エネルギー普及策等を現地調査。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.