環境エネルギー都市 最新事例

大切な「熱」の有効利用(ロンドンの地域熱供給から)

  • 印刷
  • 共有

日本では、固定価格買取制度の開始や電力全面自由化など「電気」に関する話題が多く、エネルギーといえば「電気」に注目が集まりがちだ。しかし、地球温暖化対策やエネルギーコストの削減のためには、「熱」をいかに効率的に利用するが大きなカギを握る。欧州では、この熱エネルギーの効率利用のプライオリティは高く、地域熱供給を中心に各都市において積極的な取組みが展開されている。ここでは、昨夏訪問したイギリス大ロンドン市のイズリントン区、カムデン区、メートン区の取組みについて紹介したい。

大ロンドン市は、「2025年までにエネルギー供給量の25%を分散型エネルギーから賄う」ことを目標にしている。ここで、大ロンドン市の想定する「分散型エネルギー」の主力はコジェネレーションシステム(コジェネ)だ。コジェネとその熱を有効利用する地域熱供給の拡大を目標達成の柱にしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報