持続可能なソーラーシェアリングを考える

第1回 ソーラーシェアリングの社会的課題

※画像はイメージです
※画像はイメージです

FIT制度改正などを背景に、太陽光を農業生産と発電とで共有する「営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)」が注目を集めています。その一方で、さまざまな課題も存在しています。かつて農水省で再エネ政策立案に関わり、現在、早稲田大学で「持続可能地域社会」の実現に向けた社会課題研究・政策研究等を行う野津喬准教授が、シリーズを通して社会的に望ましい、持続可能なソーラーシェアリングのあり方について考察します。

025873-2
画像はイメージです

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報