持続可能なソーラーシェアリングを考える

営農型太陽光発電と耕作放棄地再生

※画像はイメージです
※画像はイメージです

第6次エネルギー基本計画では、太陽光発電に残された「限られた適地」のひとつとして農地を活用していくこと、ただし農地の利用に当たっては食料生産への悪影響を避ける必要があることが示されており、具体的な方向性として以下の2つが提示されています。

(1)営農が見込まれない荒廃農地への再生可能エネルギーの導入拡大
(2)発電と営農が両立する営農型太陽光発電などによる導入の拡大

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報