持続可能なソーラーシェアリングを考える

第16回 ソーラーシェアリングの本質的意義

  • 印刷
  • 共有

もう10年近く前になりますが、私は当時、農林水産省に新設された再生可能エネルギーグループの立ち上げメンバーの一員として、農山漁村における再生可能エネルギーの導入促進に取り組んでいました。

今でこそかなり認知されるようになりましたが、当時は農林水産省が再生可能エネルギーに取り組むことはかなりの驚きをもって迎えられ、私も幾度となく「なぜ農水省が再生可能エネルギーに取り組むのですか?」という質問を受けました。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報