> コラム > 第7回 ソーラーシェアリングに意欲的な農業者の特徴
持続可能なソーラーシェアリングを考える

第7回 ソーラーシェアリングに意欲的な農業者の特徴

今回は、これまでとは少し趣向を変えて、営農型太陽光発電に意欲的な農業者の特徴について触れたいと思います。

営農型太陽光発電に対する農業法人の意向を調査

政府は営農型太陽光発電の意義として、特に農業者への利益還元を重視しています。この連載の第1回でご紹介したように、営農型太陽光発電を推進する政策目的として、食料・農業・農村基本計画(2020年3月閣議決定)では「農村の所得の向上」、第5次環境基本計画(2018年4月閣議決定)では「農業者の経営安定化」が真っ先に掲げられています。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

持続可能なソーラーシェアリングを考える バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.