> コラム > 第3回 優良農地とソーラーシェアリング
持続可能なソーラーシェアリングを考える

第3回 優良農地とソーラーシェアリング

「日本国内では太陽光発電の適地が減少傾向にあり、残されるのは山間部やゴルフ場等に限られるだろう。今後2~3 年程度で導入規模は縮小に向かうのではないか」

これは「地域における再生可能エネルギービジネス」をテーマとして環境省が実施したヒアリングでの、ある太陽光発電事業者からの発言です。

読者の皆さんは、この発言はいつ頃のものだと思われるでしょうか。

  1. 2013年
  2. 2016年
  3. 2019年

答えはこの稿の後半で。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.