持続可能なソーラーシェアリングを考える

第3回 優良農地とソーラーシェアリング

  • 印刷
  • 共有

「日本国内では太陽光発電の適地が減少傾向にあり、残されるのは山間部やゴルフ場等に限られるだろう。今後2~3 年程度で導入規模は縮小に向かうのではないか」

これは「地域における再生可能エネルギービジネス」をテーマとして環境省が実施したヒアリングでの、ある太陽光発電事業者からの発言です。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報