持続可能なソーラーシェアリングを考える

営農型太陽光発電の自家消費が対応すべき「2つの変動」

  • 印刷
  • 共有

前回は、農林水産省が策定した「みどりの食料システム戦略」が目指す「営農型太陽光発電の自家消費」の実現には、まずはその前段階として農業の電化が求められること、そのためには「需給の季節変動」と「需給の時間変動」の2つが課題となることを説明しました。今回はこの2つの課題の対応方法を考えてみたいと思います。

031249
画像はイメージです

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報