> コラム > 第4回 ソーラーシェアリングの担い手 ―経営資源の「ヒト」と「カネ」
持続可能なソーラーシェアリングを考える

第4回 ソーラーシェアリングの担い手 ―経営資源の「ヒト」と「カネ」

前回の稿では、営農型太陽光発電の9割以上がいわゆる優良農地に立地していること、また営農型太陽光発電の一部には、優良農地では野立ての太陽光発電が実施できないことから、消去法として営農型太陽光発電を選択しているような例が残念ながら存在することを指摘しました(第3回:優良農地とソーラーシェアリング)。

026217-3

画像はイメージです

それでは、「発電事業と営農事業の両立を図る」という本来の目的を実現できていない営農型太陽光発電はどれくらい存在するのでしょうか。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.