気候変動・省エネ分野におけるナッジ活用の最新動向と社会的インパクト

(4)省エネするかはコストとベネフィットのバランスで決まる?(後編)

  • 印刷
  • 共有

連載第3回目では、パーソナル・ナッジに向けてモデル化された、省エネ行動の実行要因モデルについて解説しました。今回は、このモデル化の成功のポイントを、三浦輝久氏(電力中央研究所 上席研究員)、服部俊一氏(電力中央研究所 主任研究員)、澤井大樹氏(イデアラボ 代表取締役)、および伊藤言氏(イデアラボ 研究員)へのインタビューを交えて考察していきます。加えて、本モデルを応用することによるナッジの新たなフレームワークを提案したいと思います。

まずは家庭内の省エネ行動を網羅的に把握することからスタート

――本研究では、省エネ行動のパーソナル・ナッジを実現するために、まず家庭内の省エネ行動のメカニズムを明らかにしています。なぜ、そのようなアプローチを取ったのでしょうか?

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報