気候変動・省エネ分野におけるナッジ活用の最新動向と社会的インパクト

(号外)新型コロナの影響で変化するワークスタイルと省エネナッジの必要性

  • 印刷
  • 共有

新型コロナウイルスが猛威を振るう中で、多くの企業がリモート型のワークスタイルを導入するなど、ワークスタイルが大きく変化しています。これは、オフィスワークにおけるエネルギーの使い方が大きく変わりつつあること意味しています。

そこで今回は、新型コロナの影響が長期化しワークスタイルがテレワークを中心としたリモート型に大きくシフトするということを前提として、リモート型のワークスタイルに変化した場合のエネルギーの使い方と省エネナッジの必要性について考察していきます。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報