> コラム > (6)1万人のパーソナリティを分析して分かった5つの省エネタイプ(後編)
気候変動・省エネ分野におけるナッジ活用の最新動向と社会的インパクト

(6)1万人のパーソナリティを分析して分かった5つの省エネタイプ(後編)

前回の連載(第5回)では、1万人のパーソナリティを分析して明らかとなった省エネ行動に関する個人差を、三浦輝久氏(電力中央研究所 上席研究員)、服部俊一氏(電力中央研究所 主任研究員)、澤井大樹氏(イデアラボ 代表取締役)、および伊藤言氏(イデアラボ 研究員)へのインタビューを交えて考察しました。今回も、引き続き同4名へのインタビューを交えて、省エネ行動に関する個人差を考察していきます。

省エネ行動には道徳性と衝動性に関する個人差が特に影響

――1万名に対するアンケート調査によって得られた結果を分析することで、心理的・社会的個人差が省エネ行動に対してどのように影響するかについて、体系的に明らかにすることができたということがわかりました。その他に、アンケート調査によって得られた結果を分析することで、省エネ行動に関するタイプを心理学的なアプローチで分類することに成功したということですが、どのような成果が得られたのでしょうか?

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.