気候変動・省エネ分野におけるナッジ活用の最新動向と社会的インパクト

(11)地方自治体においてナッジの活用を推進する方法(前編)

  • 印刷
  • 共有

前回までの連載(第9回~第10回)では、研究事例紹介の第2弾として、家庭に対してナッジを活用した省エネ情報の提供を行った国内最大級の実証実験の研究成果を題材とし、エネルギー事業者がナッジの活用を推進するために求められることを考察しました。
そして、今回からは、研究事例紹介の第3弾として、2018年にBECC JAPAN(※1)で発表された東京都をフィールドとして活用した2つの省エネ実験の成果(以下、一連の研究成果)を題材とします。

※Behavior,Energy and Climate Change Conference Japan(BECC JAPAN 2020は2020年8月25日に開催予定)

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報