' . "\n"; ?> 屋上緑化・壁面緑化の補助金

屋上緑化・壁面緑化の補助金

自治体別の屋上緑化・壁面緑化の補助金制度

街の景観づくりやヒートアイランド現象の緩和策として、各自治体で緑化事業が進められています。それに伴い、建築物の屋上緑化や壁面緑化に対し、補助金が出る場合があります。
対象地域が市街化区域内に限定されていたり、緑化面積を一定面積以上に指定するなど、自治体によって補助金交付の条件が違うため、事前に調べる必要がありそうです。また、補助金申請は概ね事前申請となっているようです。

【北海道・東北】
秋田県福島県
【関東】
埼玉県東京都神奈川県
【中部】
愛知県石川県
【近畿】
兵庫県
【九州】
福岡県大分県

秋田県の屋上緑化・壁面緑化の補助金

秋田県秋田市

「緑化施設整備計画認定制度(平成22年度)」

緑化重点地区内(※)で、民間の建築物の屋上・空地などの敷地内の緑化を実施する事業者が対象。緑化施設整備計画を作成して市の認定を受けた場合、固定資産税(償却資産)の特例措置として、整備後5年間は課税標準1/2となる優遇措置が受けられる。
敷地面積が500m2以上であること、緑化面積の割合が20%以上であることが条件。
※秋田駅周辺地区、土崎駅周辺地区、新屋駅周辺地区、楢山・牛島地区
申請期間:平成22年4月1日~
詳細:http://www.city.akita.akita.jp/city/ur/pc/ryokkasisetuseibi.htm


福島県の屋上緑化・壁面緑化の補助金

福島県

地球にやさしい事業活動支援事業補助金(平成22年度)

福島県内に事業所を有する事業者が、既存施設において、省エネルギー効果が高い設備に2つ以上改修する場合や、複数の事業所で省エネルギー効果が高い設備へと改修する場合、またはエコ通勤実施に必要な施設整備を行う場合に、補助金の交付を受けることができる。
「地球温暖化防止のための『福島議定書』事業」に参加することが条件。また、省エネ設備への改修では、省エネ法における第一種及び第二種エネルギー管理指定工場に該当しないこと、エコ通勤のための施設整備では、そのための社内の推進体制が整備されていることも条件となる。
対象経費の1/3が補助され、上限額は3,000万円。ただし、総事業費は300万円以上とする。今年度の予算額は1億円で、平成23年度まで実施される予定。

省エネ設備の具体例:ヒートポンプシステム、木質ボイラー、高効率空調機設備、潜熱回収方式給湯機、太陽熱利用給湯機、太陽光発電、燃料電池、LED照明、BEMS(ビルエネルギー管理システム)、屋上緑化など

申請期間:平成22年4月26日~5月31日
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?
DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=15223


埼玉県の屋上緑化・壁面緑化の補助金

埼玉県川越市

「屋上緑化・壁面緑化補助金交付制度(平成22年度)」

川越市の市街化区域内の建築物に、新たに屋上緑化・壁面緑化を実施する、もしくは既存の屋上緑化・壁面緑化の全面改修を行う者が対象。緑化面積が3m2以上であることが条件。また、壁面緑化でつる性植物を下垂させる場合は、その植栽基盤の延長距離が3m以上で、植栽本数が3本/m以上であることが条件となる。
補助金額は、屋上緑化の場合、1m2あたり1.8万円、または対象経費の1/2の小さいほうの額が採用され、上限額は36万円。壁面緑化の場合、1m2あたり4,500円、または対象経費の1/2の小さいほうの額が採用され、上限額は9万円。また、つる性植物を下垂させる場合は、1m2あたり9,000円、または対象経費の1/2の小さいほうの額が採用され、上限額は18万円。
申請期間:平成22年4月1日~
詳細:http://www.city.kawagoe.saitama.jp/www/contents/1152144896090/index.html


埼玉県草加市

「草加市地球温暖化防止活動補助金(平成22年度)」

草加市内に居住しており、屋上またはベランダなどの緑化をする個人が対象。面積が3m2以上であることが条件。経費の1/2が補助され、上限額は1万円。
申請期間:平成22年4月6日~
詳細:https://www.city.soka.saitama.jp/hp/page000017000/hpg000016954.htm


東京都の屋上緑化・壁面緑化の補助金

東京都足立区

「接道部緑化工事助成制度・建築物緑化工事助成制度(平成22年度)」

道路に接する場所や建物の屋上などに緑化工事を行う者が対象。植栽工事着手の1ヶ月前をめどに申請を行うこと。対象となる工事と補助金額は下記の通り。

■接道部緑化
・生垣の設置:1mにつき1.2万円
・植込地の設置:1m2につき1.2万円
・塀の撤去:1m2につき0.5万円
上限額は30万円で、一部の区画整理済み区域では50万円とする。
■屋上緑化(緑化面積が1m2以上)
土厚15cm未満(草本):工事費の1/2、または0.5万円/m2のうち、額が小さい方
土厚15cm以上(草本):工事費の1/2、または1.5万円/m2のうち、額が小さい方
土厚30cm以上(樹木):工事費の1/2、または3万円/m2のうち、額が小さい方
■壁面緑化(誘引資材面積が1m2以上)
工事費の1/2、または0.5万円/m2のうち、額が小さい方
屋上緑化・壁面緑化共に、上限額は50万円

申請期間:平成22年3月~
詳細:http://www.city.adachi.tokyo.jp/006/d15600034.html


東京都荒川区

「エコ助成金交付制度(平成22年度)」

荒川区内で、屋上緑化・壁面緑化を行う個人・事業者が対象。施工面積が2m2以上であることが条件。
屋上緑化の場合、1m2あたり2万円、もしくは施工費用の1/2のうち、小さいほうの金額が補助される。壁面緑化の場合、1m2あたり1万円、もしくは施工費用の1/2のうち、小さいほうの金額が補助される。上限額は30万円。
申請期間:平成22年4月1日~
詳細:http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kurashi/kankyo/josei/eco.html


東京都練馬区

「屋上・壁面緑化助成制度(平成22年度)」

■屋上緑化
練馬区内に、屋上緑化が可能な建築物を所有、あるいは管理している個人・法人・管理組合などが対象。緑化区画面積が1m2以上であることが条件。
屋上緑化を行う際、1m2あたり2万円が補助される。上限額は80万円。ただし、設置経費の1/2が2万円未満の場合は、その額が補助される。また、みどりの協定締結区域に該当する場合は、1m2あたり4万円が補助され、上限額は120万円となる。
■壁面緑化
練馬区内に、壁面緑化が可能な建築物を所有、あるいは管理している個人・法人・管理組合などが対象。緑化区画面積が1m2以上であることが条件。
壁面緑化を行う際、1m2あたり0.5万円が補助される。登はん補助資材を使用する場合は、補助資材の面積1m2あたり1万円が補助される。上限額は80万円。ただし、設置経費が0.5万円または1万円未満の場合は、その額が補助される。

申請期間:平成22年度
詳細:http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/shigoto/midori/midorijoseitop.html


東京都台東区

「新エネルギー・省エネルギー機器の設置費の助成(平成22年度)」

台東区内において、建築物の屋上緑化・壁面緑化を実施する者が対象。屋上緑化の場合、緑化面積1m2あたり2万円、もしくは工事費用の2/3のうち、金額の低い方が採用される。上限額は60万円。壁面緑化の場合、緑化面積1m2あたり7,500円、もしくは工事費用の2/3のうち、金額の低い方が採用される。上限額は30万円。その他に地先緑化に対する補助制度もある。これらの補助金を一度に受ける場合は、上限額が100万円。
申請期間:平成22年4月1日~
詳細:http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/shigoto/midori/midorijoseitop.html


東京都千代田区

「平成22年度 千代田区ヒートアイランド対策助成制度」

区内の民間施設が対象。屋上緑化や壁面緑化、高反射塗装等、空調室外機対策実施に対して、助成金を交付。

形成種別 単位 助成単価 助成限度額
屋上緑化 固定基盤 緑化面積(m2 1万円/m2 50万円
  プランター 設置基数(基) 1万円/基
壁面緑化 緑化面積(m2 2,500円/m2 50万円

詳細:http://www.city.chiyoda.lg.jp/service/00015/d0001566.html


神奈川県の屋上緑化・壁面緑化の補助金

神奈川県厚木市

「屋上緑化補助金(平成22年度)」

厚木市内の市街化区域において、民間建築物の屋上緑化事業をする者に対し、補助金が交付される。緑化面積が3m2以上であることが条件。1m2あたり2.5万円、もしくは対象経費の1/2のうち、金額の小さい方が採用される。上限額は50万円。
申請期間:平成22年4月1日~
詳細:http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kurasi/
kankyou/ryokka/p003192.html


神奈川県藤沢市

「建物緑化助成制度(平成22年度)」

藤沢市内の建築物(個人住居・事業用共に可)において、屋上緑化・壁面緑化・緑のカーテンの設置をする者に対し、補助金が交付される。詳細は下記の通り。

■屋上緑化
バルコニーは含むが、ベランダは対象外。個人居住用は面積3m2以上、事業用は面積10m2以上であることが条件。対象工事費の1/2が補助される。上限額は、個人居住用は20万円、事業用は100万円。
■壁面緑化
個人居住用は、緑化幅3m以上で緑化面積5m2以上、事業用等は緑化幅5m以上で緑化面積10m2以上であることが条件。対象工事費の1/2が補助される。上限額は、個人居住用は10万円、事業用は50万円。
■緑のカーテン
個人居住用・事業用共に、壁面幅1.8m以上かつ高さ1.8m以上であることが条件。対象工事費の1/2が補助される。上限額は10万円。

申請期間:平成22年4月1日~
詳細:http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/koen/page100111.shtml


愛知県の屋上緑化・壁面緑化の補助金

愛知県名古屋市

「名古屋緑化基金建築物緑化助成制度(平成22年度)」

名古屋市内の市街化区域内において、新たに屋上緑化や壁面緑化を実施する個人・法人が対象。詳細は下記の通り。

■屋上緑化
緑化面積が10m2以上で、屋上面積に対する緑化面積の割合が20%以上であることが条件。対象経費の1/2が補助される。1m2あたり2万円、全体として50万円を上限とする。
■壁面緑化
植栽工事をする場合は、植栽延長10m以上で、1mあたりの植栽が3本以上であることが条件。対象経費の1/2が補助され、植栽延長1mあたり1万円を上限とする。また、誘引資材設置の場合は、対象経費の1/2が補助され、1m2あたり2万円を上限とする。全体としての上限額は50万円。

申請期間:平成22年4月1日~
詳細:http://www.city.nagoya.jp/jigyou/douro/nagoya00002684.html

「奨励モデル型建築物緑化助成事業(平成22年度)」

名古屋市内の市街化区域内において、事務所や店舗などの事業用の建築物、あるいは戸数10戸以上・3階建て以上の中高層住宅を新築・増築し、屋上緑化や壁面緑化を行う者に対し、補助金が交付される。
■屋上緑化
緑化面積が100m2以上で、屋上面積に対する緑化面積の割合が20%以上であることが条件。対象経費の1/2が補助され、上限額は300万円。
■壁面緑化
植栽延長が20m以上で、誘引資材や自立固定式の緑化補助資材を設置することが条件。対象経費の1/2が補助され、緑化面積1mあたり3万円、全体として50万円を上限とする。
申請期間:平成22年4月1日~
詳細:http://www.city.nagoya.jp/jigyou/douro/nagoya00002684.html


愛知県小牧市

「屋上・壁面緑化奨励事業補助金制度(平成22年度)」

小牧市の市街化区域内にに居住する個人、または事業所を有する企業が対象。屋上緑化や壁面緑化を実施する際に補助金が交付される。緑化面積が3m2以上であることが条件。
補助金額は、屋上緑化の場合、1m2あたり2万円、もしくは対象経費の1/2のうち、金額の小さい方が採用される。壁面緑化の場合、1m2あたり1万円、もしくは対象経費の1/2のうち、金額の小さい方が採用される。共に上限額は50万円。
申請期間:平成22年度
詳細:http://www.city.komaki.aichi.jp/contents/06051180.html


石川県の屋上緑化・壁面緑化の補助金

石川県

「エコリビング支援モデル事業(平成22年度)」

石川県内に居住または居住の予定があり、住宅で屋上緑化を実施する個人が対象。いしかわ家庭版環境ISOに取り組み、「エコファミリー」として登録することが条件。また、対象施設・設備(※)の中から、屋上緑化と組み合わせて合計3点以上の設備を購入し、総額が200万円以上の場合に限る。
設置費用の1/3の補助(平成22年度以降に完成の場合)が受けられ、上限額(補助金総額)は25万円。なお、平成21年度に完成した場合は、費用の5%の補助となる。

※対象施設・設備:太陽光発電システム、風力発電システム、太陽熱温水器、エコキュート、エコジョーズ、エコフィール、エコウィル、エネファーム、断熱施工・断熱ガラス、LED照明、屋上緑化など

申請期間:平成22年度
詳細:http://www.pref.ishikawa.lg.jp/ontai/pp/ecoliving_jyosei/index.html


兵庫県の屋上緑化・壁面緑化の補助金

兵庫県

「県民まちなみ緑化事業(駐車場の芝生化、建築物の屋上緑化・壁面緑化 平成22年度)」

兵庫県内の土地や建築物の所有者・管理者、構成員が10名以上の自治体や団体が対象。協議書の内容に基づいて審査を行い、申請可能とされた者のみ、申請ができる。補助予定件数は60件。

■屋上緑化
緑化面積が100m2以上、土壌厚が30cm以上であることが条件。補助金額は、樹木による緑化の場合1m2あたり5万円、芝生などの草本類による緑化の場合1m2あたり2万円で、上限額はともに500万円。
■壁面緑化
緑化面積が100m2以上であることが条件。また、登はん型の場合は植栽延長が10m以上、植物を1mにつき2~3本植えることが条件となる。基盤造成型の場合、補助金額は1m2あたり5万円で上限額は500万円、登はん型の場合、補助金額は1m2あたり1万円で、上限額は150万円。

協議受付期間:平成22年4月1日~9月30日
申請期間:
第1期 平成22年4月1日~5月31日
第2期 平成22年6月1日~7月30日
第3期 平成22年8月2日~9月30日
詳細:http://web.pref.hyogo.lg.jp/wd20/wd20_000000005.html


福岡県の屋上緑化・壁面緑化の補助金

福岡県福岡市

「屋上・壁面緑化助成制度(平成22年度)」

福岡市内において、市街化区域内に500m2以上の敷地を持つ個人・企業が対象。所有する民間建築物の屋上緑化・壁面緑化を実施する際、補助金が交付される。屋上緑化の場合は、緑化面積が50m2以上であること、壁面緑化の場合は、植栽延長が10m以上、もしくは緑化面積が10m2以上であることが条件となる。
屋上緑化の場合、補助金額は1m2あたり1万円以内で、上限額は100万円。壁面緑化の場合、補助金額は植栽延長1mあたり、もしくは面積1m2あたり5,000円以内で、上限額は50万円。ただし壁面登はん具などを用いない場合は、1mあたり500円以内、上限額は5万円とする。屋上緑化・壁面緑化の両方を実施する場合の上限額は100万円。

申請期間:平成22年4月1日~5月31日
詳細:http://www.city.fukuoka.lg.jp/jutaku-toshi/ryokkasuishin/machi/008.html


大分県の屋上緑化・壁面緑化の補助金

大分県大分市

「活き粋大分街かど空間奨励事業補助金(平成22年度)」

大分市内において、所有する建物に屋上緑化・壁面緑化を行う個人・事業者が対象。
■屋上緑化
緑化面積が1m2以上であることが条件。補助対象経費の1/2が補助される。上限額については、緑化重点地区の場合、1m2あたり1.4万円、1件につき40万円。緑化重点地区以外の地区の場合は、1m2あたり1.4万円、1件につき20万円。
■壁面緑化
植栽延長が3m以上、もしくは補助資材の設置面積が3m2以上であることが条件。また、植栽本数は1mにつき3本以上とする。補助対象経費の1/2が補助される。上限額については、緑化重点地区の場合、植栽延長1m、または設置面積1m2あたり5,000円、1件につき20万円。緑化重点地区以外の地区の場合は、植栽延長1m、または設置面積1m2あたり5,000円、1件につき10万円。

申請期間:平成22年4月1日~
詳細:http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1269479241171/index.html