これからの木質エネルギービジネス

鍵を握る木質バイオマスのカスケード利用

  • 印刷
  • 共有

良いものから順々に使い尽す

木質バイオマスのエネルギー利用は、国によってその進捗度に大差がある。先進国と呼ばれるOECD加盟国に限って言えば、最初に先導的な役割を果たしたのは北欧のスウェーデンとフィンランドであった。今世紀に入ってからは中欧のドイツとオーストリアが主役である。これに対して日本は最も出遅れた国の一つに数えられているが、なぜこのような大差が生じたのであろうか。

先を走る上記の4カ国に共通して言えることは、木材の生産と加工を担う林業・林産業のなかに、その残廃材を利用するエネルギー生産のプロセスが巧みに組み込まれていることである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報