> コラム > 木質バイオマス発電への期待と懸念(4) ~眠れる森林資源を活かす道
これからの木質エネルギービジネス

木質バイオマス発電への期待と懸念(4) ~眠れる森林資源を活かす道

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

増え続ける国内の森林蓄積

森林で生育している樹木群は時間とともに絶え間なく変化している。2,500万ヘクタールとされる日本の森林にどれほどの林木がストックされ、それがどれほどのスピードで成長しているのか、正確に把握するのは容易ではない。むろん全数調査は難しいから、サンプリング調査に頼ることになる。わが国の林野庁も1999年から「森林資源モニタリング調査」を実施してきた。国土全域をカバーする4kmメッシュの交点に固定プロットを設定し、継続的に調べているのである。毎年、全プロットの1/5について植生や林木の状況を詳しく調査し、5年たったらまた同じ場所に戻って調べるから、この間に生じた変化が正確にとらえられる。

第1期(1999~2003年度)の調査から推計される全国の森林蓄積量(皮付きの幹の材積)は52億立方メートル(m3)であった。それが第2期(2004~08)の調査では実に60億m3になり、年に1.6億m3ずつ増えてきた勘定になる。他方、年間の林木伐採量は0.35億m3前後と推定されているから、森林の年成長量は2億m3程度と見て差し支えあるまい(注)。国内の木材消費量が立木材積で高だか1億m3/年であることを考えれば、大変な量である。蓄積量、成長量ともロシアを除く欧州のどこの国よりも大きい。

(注)拙稿「混迷を深めるわが国の森林資源統計:モニタリング調査をなぜ活用しないのか」
『山林』2012年9月号

低調を極める国内の木材生産

ところが森林1ヘクタール当たりの木材生産量を見ると、図1にあるように、0.69m3ときわめて低いレベルに低迷している。ドイツやオーストリアの1/7、フランスやイギリスの1/5でしかない。温暖多雨な気候条件からすれば、これらの諸国と肩を並べて然るべきである。事実、1960年代の日本の木材生産はヘクタール当たり2立方メートル以上のレベルを確保していた。それが今では気温の低い北欧の諸国や雨量の少ない南欧諸国にも及ばないというのは、どうしたことか。

(※全文:4,778文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

これからの木質エネルギービジネス バックナンバー

この記事の著者

熊崎 実(くまざき・みのる)

一般社団法人 日本木質バイオマスエネルギー協会 会長

1935年岐阜県生れ。農林省林業試験場(現・森林総合研究所)林業経営部長、筑波大学農林学系教授、岐阜県立森林文化アカデミー学長を歴任。現在は、筑波大学名誉教授、日本木質ペレット協会会長、一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会会長。専門は国際森林資源論、農学博士。

著書に『林業経営読本』(日本林業調査会)、『木質バイオマス発電への期待』(全国林業改良普及協会)『木質エネルギービジネスの展望』(同左)、『木質資源とことん活用読本』(編著、農文協)ほか。訳書に『日本人はどのように森をつくってきたのか』(C.タットマン、築地書館)、『樹木学』(P.トーマス、築地書館)ほか多数。

一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会への相談は「mail@jwba.or.jp」まで。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.