> コラム > 木質ペレットを軸にしたエネルギー自給戦略:ドイツの事例
これからの木質エネルギービジネス

木質ペレットを軸にしたエネルギー自給戦略:ドイツの事例

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

国産ペレットの生き残りを賭けて

石炭火力発電所でのバイオマス混焼はこれからも大幅に増加すると予測されている。それを当て込んで、北米を中心に巨大な木質ペレット工場が続々と建設されつつある。ここで生産されたペレットがごく近い将来大量に日本に流れ込む可能性は高い。木質ペレットは、住宅用、事業用、発電用などの用途によって品質に多少の違いがあるが、その差はわずかでオーバーラップしていることもしばしばである。

混焼用のペレットが本格的に輸入されるようになれば、比較的出力の大きい事業用のボイラでもそれを使うようになるだろう。ゆくゆくは高品質の住宅用ペレットまでこれと一緒に入ってくるかもしれない。国内のペレット事業は総じて零細で生産性が低く、このままでは外国産に対抗するのは難しい。何はともあれ市場競争力を高めることが急務である。

ただ国内の森林をベースにする限り、大規模化によるコストダウンはあまり望めない。アメリカの東南部やブラジルで年産50万トン、100万トンクラスの工場が出てくるのは、早生樹種のプランテーションがあるからだ。日本の森林では南部マツやユーカリのように短い伐期で皆伐を繰り返すような経営方式はとれない。

力点はあくまでも構造用丸太の生産であり、エネルギー利用に向けられるのはその副産物や残廃材であるから、集められる量は自ずと限られてくる。コストダウンのポイントは、良いものから順々に取っていって全部使い尽す木材のカスケード利用の中にペレット生産を上手に組み入れることだ。

今回はそうした事例の一つとして昨年の3月に操業を始めたドイツの新鋭ペレット工場を紹介しよう。

(※全文:5,346文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

これからの木質エネルギービジネス バックナンバー

この記事の著者

熊崎 実(くまざき・みのる)

 1935年岐阜県生れ。農林省林業試験場(現・森林総合研究所)林業経営部長、筑波大学農林学系教授、岐阜県立森林文化アカデミー学長を歴任。現在は、筑波大学名誉教授、日本木質ペレット協会会長、木質バイオマスエネルギー利用推進協議会会長。専門は国際森林資源論、農学博士。

 著書に『林業経営読本』(日本林業調査会)、『木質バイオマス発電への期待』(全国林業改良普及協会)『木質エネルギービジネスの展望』(同左)、『木質資源とことん活用読本』(編著、農文協)ほか。訳書に『日本人はどのように森をつくってきたのか』(C.タットマン、築地書館)、『樹木学』(P.トーマス、築地書館)ほか多数。

 木質バイオマスエネルギー利用推進協議会への相談は「info@w-bio.org」まで。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.