> コラム > バイオマスの近代型利用に向けて動き始めた世界の状況
これからの木質エネルギービジネス

バイオマスの近代型利用に向けて動き始めた世界の状況

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

われわれ人類の遠い祖先が火を使い始めたのは何百万年も前のことだが、それ以来つい最近に至るまで、木質の燃料は身近にある不可欠なエネルギー源であった。人びとは、粗朶(そだ)や薪、木炭を燃やして暖をとり、調理を行ってきたのである。この木質燃料も安価な石炭や石油が大量に出回るに及んで、完全に駆逐されたかに見えたのだが、この十数年来状況が大きく変化し、復権の兆しを見せ始めている。その背景には、化石燃料価格の根強い上昇傾向に加えて、持続可能な社会の構築を目指す国際的・国内的・地域的な取り組みがある。

わが国でも昨年から再生可能電力の固定価格買取制度が始まった。バイオマス発電への関心が急速に高まっている。今や5000kW、10,000kWの発電プラントの設立計画が全国各地で目白押しの状況だ。しかしこの出力規模では木材の持つエネルギーの20~30%しか電気に変えられない。天然ガスを使った最新鋭の火力発電所であれば60%の効率が得られるという。バイオマスがいくら頑張っても、電気だけではとても勝負にならない。

バイオマス発電がビジネスとして成り立つためには、発電の排熱を上手に利用して総合効率を70~80%まで高めることと、比較的安い木質燃料が安定的に確保できるような仕組みを作り上げることが絶対の条件である。実のところ、これは大変な難題だ。このシリーズでは、10年か20年日本に先行する欧州での成功例を参考にしながら、木質エネルギービジネスの今後のあり方にについて考えてみることにしたい。

(※全文:5,240文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

これからの木質エネルギービジネス バックナンバー

この記事の著者

熊崎 実(くまざき・みのる)

 1935年岐阜県生れ。農林省林業試験場(現・森林総合研究所)林業経営部長、筑波大学農林学系教授、岐阜県立森林文化アカデミー学長を歴任。現在は、筑波大学名誉教授、日本木質ペレット協会会長、木質バイオマスエネルギー利用推進協議会会長。専門は国際森林資源論、農学博士。

 著書に『林業経営読本』(日本林業調査会)、『木質バイオマス発電への期待』(全国林業改良普及協会)『木質エネルギービジネスの展望』(同左)、『木質資源とことん活用読本』(編著、農文協)ほか。訳書に『日本人はどのように森をつくってきたのか』(C.タットマン、築地書館)、『樹木学』(P.トーマス、築地書館)ほか多数。

 木質バイオマスエネルギー利用推進協議会への相談は「info@w-bio.org」まで。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.