> コラム > 木質バイオマスによる地域のエネルギー自給
これからの木質エネルギービジネス

木質バイオマスによる地域のエネルギー自給

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

木質エネルギーの強みは中山間地で発揮される

前回はオーストリアで進められている「エネルギー転換(Energiewende)」の話をした。この国の全世帯で最終的に消費されるエネルギーの供給源が2003/04年から2010/11年にかけてどのように変化したかをみると、灯油・LPG・石炭が32.2%から18.6%に減少する一方で、バイオマスは26.4%から35.6%に増加した。太陽熱・ヒートポンプも1.4%から4%に増えている。

かつての「燃料革命」で化石燃料に駆逐された木質燃料は、21世紀とともに始まった「エネルギー転換」で再び表舞台に出てきたのである。オーストリアの場合、その主たる舞台は大きな都市ではなく、農林業の卓越した中山間地だ。農家世帯では今でも薪が広く使われている。近くに樹林地があれば、薪は最も入手しやすい燃料である。薪の市場取引はそれほど一般的ではなく、自家生産か近隣の農家などから購入するケースが多い。

サラリーマンなどの非農家世帯では、薪よりもペレットが好んで使われる。よく目につくのは、地下室などにペレットボイラを据えて全館暖房しているケースだ。燃料庫のペレットが少なくなると、専用の配送車がやって来て補給してくれる。ボイラへの燃料の送り込みはすべて自動化されているし、点火・消火・温度調節もスイッチ一つである。その点では化石燃料焚きのボイラとほとんど変わらない。

中山間地の中でも公共施設の所在地や、人家がある程度密集したところには、バイオマスによる地域熱供給のシステムが入っていて、このネットワークに加入すれば四六時中暖房給湯のサービスが受けられる。ここで使われる燃料は、比較的大型のボイラが入っている関係で、近隣で集められる雑多な木質チップが中心である。バイオマスの電気が固定価格で買い取られるようになってから、熱供給と合わせて発電するケースも見られるようになった。

木質バイオマスを軸にした、こうしたエネルギー転換が、最も安いコストで実行できるのは、やはり中山間地であろう。ここには、これまで未利用になっていた低質の木質資源がふんだんにある。木材生産や木材加工で発生する残廃材はもとより、天然生林の整理伐採や景観管理で発生する除伐・間伐材や枝条などがそれだ。これらはそのままでは遠くまでは運べない。地元で利用するのが一番である。地域の未利用資源を使って地域で必要なエネルギーがつくれるとすれば、これに越したことはない。地元の雇用と所得が増え、ますます高くなる石油やLPGへの支払いを減らすことができる。

発電に使われたのは木質燃料の約1割

もちろん木質バイオマス自体は発電にも使うことができる。森林の多い中山間地で電気をつくって都市に送ることもできるし、あるいは都市に所在する発電プラントに燃料を供給することできるであろう。しかしオーストリアで見る限り発電のウェートはそれほど高くない。

(※全文:5,801文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

これからの木質エネルギービジネス バックナンバー

この記事の著者

熊崎 実(くまざき・みのる)

一般社団法人 日本木質バイオマスエネルギー協会 会長

1935年岐阜県生れ。農林省林業試験場(現・森林総合研究所)林業経営部長、筑波大学農林学系教授、岐阜県立森林文化アカデミー学長を歴任。現在は、筑波大学名誉教授、日本木質ペレット協会会長、一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会会長。専門は国際森林資源論、農学博士。

著書に『林業経営読本』(日本林業調査会)、『木質バイオマス発電への期待』(全国林業改良普及協会)『木質エネルギービジネスの展望』(同左)、『木質資源とことん活用読本』(編著、農文協)ほか。訳書に『日本人はどのように森をつくってきたのか』(C.タットマン、築地書館)、『樹木学』(P.トーマス、築地書館)ほか多数。

一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会への相談は「mail@jwba.or.jp」まで。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.