> コラム > 海外のバイオマス資源にどこまで頼れるか ~国内の放置林に目を向け始めたイギリス~
これからの木質エネルギービジネス

海外のバイオマス資源にどこまで頼れるか ~国内の放置林に目を向け始めたイギリス~

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

問われるバイオマスの持続可能性

このところの化石燃料の高騰で、木質エネルギーの市場競争力が世界的なスケールでにわかに高まってきた。とくに熱供給の分野では、石油や液化天然ガスと対抗できる状況が生まれつつあるし、発電の分野でも石炭火力でのバイオマス混焼がそのコストパーフォーマンスの良さから急速に普及している。木質バイオマスのこうした利用が順調に増加していけば、化石燃料の消費が減り、温暖化防止にも大きく寄与することになろう。

しかしその一方でバイオマスには「過剰利用」の不安が常につきまとっている。長いあいだ木質燃料は人類にとってほとんど唯一のエネルギー源であったのだが、燃料用の木材が樹木の成長速度を超えて伐り出され、森林を荒廃させてしまった例は枚挙にいとまがない。それはかつての日本にもあったし、一部の途上国では今でも「森林消失」の一因に数えられている。

近年よく聞かれる疑念は、木を燃やすことが本当にCO2の削減につながるかということである。大きな樹木の生い茂った森林には大量の炭素が貯め込まれている。この森林を伐採すればそれが大気中に一挙に放出され、バイオマスのエネルギー利用によるCO2削減などかすんでしまうかもしれない。また天然林を皆伐してエネルギー・プランテーションに転換しようという提案にも同じような問題がある。

バイオマスは一般に「カーボン・ニュートラル」とされている。バイオマスを燃やせば熱量当たりにして石油と同じくらいのCO2を排出するが、このCO2は植物が成長する過程で大気中から吸収したものであり、植物が燃やされてCO2が出たとしても、それは大気中に返しただけのことだ。したがって大気中のCO2濃度を高めることにはならない、というわけである。しかし森林が伐採された後、農地に転換されたり、林木蓄積の貧弱なエネルギー・プランテーションに変えられたりしたら、放出されたCO2が吸収されないまま大気中に残ることもあり得る。カーボン・ニュートラルの錦の御旗がどこでも通用するとは限らないのだ。

深刻な問題がもう一つある。

(※全文:4,716文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

これからの木質エネルギービジネス バックナンバー

この記事の著者

熊崎 実(くまざき・みのる)

一般社団法人 日本木質バイオマスエネルギー協会 会長

1935年岐阜県生れ。農林省林業試験場(現・森林総合研究所)林業経営部長、筑波大学農林学系教授、岐阜県立森林文化アカデミー学長を歴任。現在は、筑波大学名誉教授、日本木質ペレット協会会長、一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会会長。専門は国際森林資源論、農学博士。

著書に『林業経営読本』(日本林業調査会)、『木質バイオマス発電への期待』(全国林業改良普及協会)『木質エネルギービジネスの展望』(同左)、『木質資源とことん活用読本』(編著、農文協)ほか。訳書に『日本人はどのように森をつくってきたのか』(C.タットマン、築地書館)、『樹木学』(P.トーマス、築地書館)ほか多数。

一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会への相談は「mail@jwba.or.jp」まで。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.