> コラム > 木質バイオマス発電への期待と懸念(1)  ~木質原料をめぐるマテリアル利用との競合~
これからの木質エネルギービジネス

木質バイオマス発電への期待と懸念(1)  ~木質原料をめぐるマテリアル利用との競合~

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

目白押しのバイオマス発電計画

再生可能な電力の固定価格買取制度(FIT)がスタートしたのは2012年7月のことだが、木質バイオマス発電の分野でこの制度に乗っかって実際に発電しているケースは、まだ2、3件にとどまっている。しかし新設予定の発電プラントは計画・構想段階のものを含めると相当な数にのぼる。木質バイオマスエネルギー利用推進協議会は、新聞などに公表された情報をもとに2014年3月末現在での状況を取りまとめた。

その概略が表1に示されている。この中には初期の構想段階のものや、白紙に戻ったと噂されるものもあって、全部実現するわけではないが、FIT対応ですでに建設されているプラントと今後建設が予定されているプラントの総数は93基に達する。これらプラントの電気出力を単純に足し合わせると1,337MWになる。原子力発電所の2基分くらいか。

93基のプラントのうち2基は110MWの混焼用の石炭火力プラントである。この2基を除外して平均出力を求めると、12.2MWほどになる。出力規模別には、3~6MWの33基と6~30MWの29基が軸になり、3MW以下と30MW以上がそれぞれ18基と12基である。規模的にはかなり大きい。これくらいの出力にしないと発電事業の採算が取れないということであろう。バイオマス発電の小型化が進むオーストリアやドイツとは、全く対照的な動きである。

(※全文:5,198文字 画像:あり 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

これからの木質エネルギービジネス バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.