これからの木質エネルギービジネス

ドイツのFITはバイオマス発電をどう変えたか

  • 印刷
  • 共有

「ボーナス」による誘導

ドイツの固定価格買取り制度(FIT)は2000年4月にスタートするが、当初バイオマス発電の買取り価格は次のように決められていた。

電気出力 ~0.5MW 10.23 ユーロセント/kWh
0.5~5MW 9.21 ユーロセント/kWh
5~20MW 8.7 ユーロセント/kWh

価格の設定はこの3本で、現行のものに比べると単純であり、出力規模による価格差も小さい。ここで注意してほしいのは、出力の大きい発電プラントでも、最初の0.5MWまでと0.5~5MWについては、それぞれに上記の価格が適用されることである。5~20MWの8.7セントというのは5MW以上の分の買取り価格だ。20MW以上はFITの対象とはならない。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報