これからの木質エネルギービジネス

導入するなら要チェック! 水分・サイズなど燃料用木質チップの品質規格

  • 印刷
  • 共有

基準がないとミスマッチが起こる

熱や電気などのエネルギー生産に向けられる木質バイオマスはきわめて多様である。森林から伐り出された丸太もあれば枝葉もあるし、さらには木材加工の残廃材や建築廃材のようなリサイクル・バイオマスもある。しかし特定のエネルギー変換装置に即して見ると、使用できるバイオマスの種類や形質はかなり限られてくる。変換装置の性能が良くなるにつれて、その傾向がさらに強まってきた。燃料を供給する側でも用途に合わせて多種多様なバイオマスを選別し、一定の加工と調整が求められるようになっている。

とくに重要なのは燃料と燃焼機器との相性である。相性が悪いとバイオマスの完全燃焼が妨げられて、エネルギーへの変換効率は低下し、環境汚染物質の排出が増えてしまう。あるいは燃焼機器の損傷でその耐用年数を縮めることもあるだろう。こうしたミスマッチを避けるためにつくられているのが木質燃料の基準(standards)である。燃料の供給者と最終消費者の双方がこの基準にしたがって行動すれば、大きな間違いは起こらない。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報