> コラム > 導入するなら要チェック! 水分・サイズなど燃料用木質チップの品質規格
これからの木質エネルギービジネス

導入するなら要チェック! 水分・サイズなど燃料用木質チップの品質規格

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

基準がないとミスマッチが起こる

熱や電気などのエネルギー生産に向けられる木質バイオマスはきわめて多様である。森林から伐り出された丸太もあれば枝葉もあるし、さらには木材加工の残廃材や建築廃材のようなリサイクル・バイオマスもある。しかし特定のエネルギー変換装置に即して見ると、使用できるバイオマスの種類や形質はかなり限られてくる。変換装置の性能が良くなるにつれて、その傾向がさらに強まってきた。燃料を供給する側でも用途に合わせて多種多様なバイオマスを選別し、一定の加工と調整が求められるようになっている。

とくに重要なのは燃料と燃焼機器との相性である。相性が悪いとバイオマスの完全燃焼が妨げられて、エネルギーへの変換効率は低下し、環境汚染物質の排出が増えてしまう。あるいは燃焼機器の損傷でその耐用年数を縮めることもあるだろう。こうしたミスマッチを避けるためにつくられているのが木質燃料の基準(standards)である。燃料の供給者と最終消費者の双方がこの基準にしたがって行動すれば、大きな間違いは起こらない。

わが国ではこれまで燃料用木質チップの品質規格がつくられていなかったために、思わぬ混乱がしばしば生じていた。以前、ボイラで燃やされるチップと言えば、おおむね建設廃材などのリサイクルチップであった。含水率の比較的低い破砕チップである。ところが生木から生産したチップが出てくると、それをうまく燃やすことができず、トラブルが多発した。また欧州から高性能の小型ボイラを導入したものの、スクリューによる燃料の(炉への)搬送に失敗する例もあちこちで見られた。本来は切削チップを使うべきなのに、破砕チップで間に合わそうとしたからである。

われわれの木質バイオマスエネルギー利用推進協議会は、全国木材資源リサイクル協会連合会および全国木材チップ工業連合会の協力を得て燃料用木質チップの品質規格を策定し、運用を開始することになった。専門委員会の座長として取りまとめに当たられたのは沢辺 攻氏(岩手大学名誉教授)である。日本木質ペレット協会が「木質ペレット品質規格」(2011年)を制定した折にも沢辺氏に取りまとめてもらった。

(※全文:5,346文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

これからの木質エネルギービジネス バックナンバー

この記事の著者

熊崎 実(くまざき・みのる)

一般社団法人 日本木質バイオマスエネルギー協会 会長

1935年岐阜県生れ。農林省林業試験場(現・森林総合研究所)林業経営部長、筑波大学農林学系教授、岐阜県立森林文化アカデミー学長を歴任。現在は、筑波大学名誉教授、日本木質ペレット協会会長、一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会会長。専門は国際森林資源論、農学博士。

著書に『林業経営読本』(日本林業調査会)、『木質バイオマス発電への期待』(全国林業改良普及協会)『木質エネルギービジネスの展望』(同左)、『木質資源とことん活用読本』(編著、農文協)ほか。訳書に『日本人はどのように森をつくってきたのか』(C.タットマン、築地書館)、『樹木学』(P.トーマス、築地書館)ほか多数。

一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会への相談は「mail@jwba.or.jp」まで。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.