これからの木質エネルギービジネス

木質バイオマスへの高まる期待と将来展望

  • 印刷
  • 共有

ユニークなエネルギー源:木質バイオマス

バイオマスは、数ある再生可能なエネルギー源のなかで、石炭、石油、天然ガスなどの化石燃料に最も近いエネルギー源である。そのためエネルギーとしての使い道がすこぶる広い。冷暖房用、産業用の熱はもとより、発電にも使えるし、輸送用の燃料生産にも振り向けられる。端的に言えば、化石燃料にできることは何でもできる。

現在のところ、水力、風力、潮力、太陽光に期待できるのは発電に限られている。また太陽熱や地熱にしても高温の熱や輸送用の液体燃料までは生産できない。それができるのはバイオマスだけであり、バイオマスの際立った特徴がここにある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報