> コラム > 木質ペレット市場の国際化と狙われる日本
これからの木質エネルギービジネス

木質ペレット市場の国際化と狙われる日本

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

国際商品となった木質ペレット

オランダはロッテルダムのエネルギー取引所で、木質ペレットが「グローバル・コモディティ」として化石燃料と同様の扱いを受けるようになったのは、今から4年前の2009年のことである。ペレットの先物取引が始まり、価格が告示されるようになった。これは木質燃料にとって画期的なことである。

昔ながらの薪や粗朶はもとより、木質チップにしても基本的にはローカルな燃料であり、国境を越えた取引はごく限られていた。かさ張るうえに、形質のばらつきが大きく、商品として扱いにくい。おまけに肝心のエネルギー密度が低いから運賃をかけて遠くまで運ぶことができないのだ。それがペレットに加工されることで、国際的なエネルギー市場への仲間入りを果たしたのである。

木質ペレットというのは、木材を細かく粉砕して直径6~10mm、長さ10~30mmの円筒状に固めた成型燃料である。形状が小粒に統一され、水分も10%以下に押さえられている。これなら燃料をストーブやボイラに完全自動で送り込むことができるし、均一で安定した燃焼も保証される。最近のペレット燃焼機器は性能がよくなっているから、利便性でも効率性でも化石燃料焚きの機器と十分に太刀打ちできる。

当初は、家庭用のストーブや小型のボイラで燃やされることが多かったが、近年では欧州の火力発電所などで大量に使われるようになり、ペレットの消費量は世界的なスケールで急速に増加している。これに対応して、アメリカ、カナダ、ロシア、ブラジルなどでは年産数十万トンの大規模なペレット工場が続々と建設され、建設中・計画中のものも目白押しである。これらの工場は日本への輸出も視野に入れているらしい。

わが国でも1980年代の前半から、木質ペレットの生産が始まった。現在も数十か所でペレットの製造が行われているが、小規模工場が圧倒的で、年間の生産量は全部合わせても10万トンにも満たない。海外からの輸入が本格化すれば一発で吹っ飛ぶ可能性がある。バイオマス電力の固定価格買取りが始まったことで、その可能性は一段と大きくなった。

(※全文:5,118文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

これからの木質エネルギービジネス バックナンバー

この記事の著者

熊崎 実(くまざき・みのる)

 1935年岐阜県生れ。農林省林業試験場(現・森林総合研究所)林業経営部長、筑波大学農林学系教授、岐阜県立森林文化アカデミー学長を歴任。現在は、筑波大学名誉教授、日本木質ペレット協会会長、木質バイオマスエネルギー利用推進協議会会長。専門は国際森林資源論、農学博士。

 著書に『林業経営読本』(日本林業調査会)、『木質バイオマス発電への期待』(全国林業改良普及協会)『木質エネルギービジネスの展望』(同左)、『木質資源とことん活用読本』(編著、農文協)ほか。訳書に『日本人はどのように森をつくってきたのか』(C.タットマン、築地書館)、『樹木学』(P.トーマス、築地書館)ほか多数。

 木質バイオマスエネルギー利用推進協議会への相談は「info@w-bio.org」まで。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.