これからの木質エネルギービジネス

岐路に立つ日本の木質ペレット産業

  • 印刷
  • 共有

木質ペレット市場の拡散パターン

木質ペレットの商業生産は1970年代にアメリカのオレゴン州で始まったとされる。このころの北米では製材工場の大型化が進んでいて、大量に発生するおが屑の処理が問題になっていた。おが屑はそのままでは燃料になりにくい。これをペレットにすることで優れた燃料になったのである。

しかし最初から順調に普及したわけではない。80年代の石油価格の下落で後退を余儀なくされ、出鼻をくじかれる。環境意識の高まりや化石燃料価格の上昇を受けて、市場の拡大が本格化するのは、90年代の後半あたりからである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報