> コラム > ドイツの公共住宅リフォームが自治体を救う
ZEHからプラスエネルギーの時代へ

ドイツの公共住宅リフォームが自治体を救う

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ドイツ国内の住宅約4000万戸のうち、持ち家は1600万戸ほど、約40%しかありません。公共住宅、つまり、市の住宅供給公社や類似の法人が管理しているのが260万戸ほどにあたります。この住宅は過去20年ほどの期間に荒波にもまれ、公共住宅の低い家賃を生命線としている低所得の住民の生活を脅かす反面、自治体の財政再建のカギともなってきました。

(※全文:1936文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ZEHからプラスエネルギーの時代へ バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ