> コラム > ポスト家庭用蓄電池ブームに迫られるドイツ 蓄電は正しい道か
ZEHからプラスエネルギーの時代へ

ポスト家庭用蓄電池ブームに迫られるドイツ 蓄電は正しい道か

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ドイツでは太陽光発電による電力を売電ではなく自家消費する、ポストFIT時代に移行してから数年が経ちます。ターニングポイントとなったのは、買い取り価格を電力料金が上回った2012年以降となりますが、それに合わせて家庭用蓄電池に対する補助プログラムが整備され、特にここ数年は蓄電池ブームとなっていました。しかし、ブームはいずれ過去のものとなります。この蓄電池ブームは正しい道なのか、あるいは今後は違ったものが求められるのか、ここで検証していきます。

(※全文:2321文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ZEHからプラスエネルギーの時代へ バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ