> コラム > ファサードデザインの角度で差をつける
ZEHからプラスエネルギーの時代へ

ファサードデザインの角度で差をつける

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「デザインと効率を両立する」、これは建築物に省エネや再エネを取り込むうえで、設計者や最終的な判断をする施主にとって重要な要素となります。これまでにも特にPVパネルのデザインや使用箇所という切り口で様々な事例を紹介してきましたが、今回はファサードデザインに工夫することで発電効率をあげた事例について書きたいと思います。

(※全文:2592文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ZEHからプラスエネルギーの時代へ バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ