> コラム > ドイツにおけるポストFIT時代のプレイヤー PVTの進化
ZEHからプラスエネルギーの時代へ

ドイツにおけるポストFIT時代のプレイヤー PVTの進化

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ドイツではPV発電(太陽光発電)による売電から、自家消費を中心とした時代へと移ったことをこれまでにも何度か書いてきました。一つの建物、あるいはネットワークの中で多くのエネルギーを生み出し、同時に効率よく使う、あるいは貯めるということが現在の課題となっています。PVパネルも様々な進化を遂げ、効率の向上やデザインの多様化を通して、ファサードへの設置に対する弊害も小さくなりましたが、メインは今日でも屋根への設置となります。この屋根でのエネルギー生産を最大限に引き上げるツールの一つとしてPVT、すなわち太陽光発電と太陽熱給湯が同時にできるパネルがあります。

(※全文:2312文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ZEHからプラスエネルギーの時代へ バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ