> コラム > エコがスマートイメージへ
ZEHからプラスエネルギーの時代へ

エコがスマートイメージへ

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2017年1月16日から6日間開催された世界最大規模の建築見本市BAUミュンヘン2017では、17ホール約18万m2の会場に45か国から2100社がブースを出展、25万人の来場者が建材を中心とした最新技術に触れた。

ライバルを追い越すエコ建材

過去数年のドイツ建材市場では、特に断熱材業界において、従来型の石油ベースや有害物質を含む、あるいは再生可能でないものに対するものに風当たりが強くなっている。この傾向は商品開発にも当然大きな影響を与えてきた。

(※全文:1754文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ZEHからプラスエネルギーの時代へ バックナンバー

この記事の著者

永井 宏治(ながい・こうじ)

建築・都市・環境コンサルタント(建築・都市・地域計画専攻)

大学卒業後渡独。ドルトムント工科大学ディプロム課程卒業。ドイツ国内省エネ建築研究機関勤務を通し、省エネ住宅設計・省エネリフォームプロジェクト、街区再生プロジェクト、日本への知見提供等を担当。ドイツ省エネリフォームアドバイザー、省エネ住宅プランニングアドバイザーの資格を取得。
独立後、日独省庁間の提携プロジェクトコーディネートの他、専門家や学生に対するセミナー、工務店、建材・設備・ハウスメーカー、商社に対する日独両国内でのコンサルを行っている。(ウェブサイト

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.