> コラム > プラスエネルギー集合住宅 リードベルク:ハイブリッドソーラールーフ
ZEHからプラスエネルギーの時代へ

プラスエネルギー集合住宅 リードベルク:ハイブリッドソーラールーフ

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ドイツにおける金融企業の拠点フランクフルトでは、2015年夏時点で約72万人の人口、昨年1年間でおよそ15000人の増加となっています。人口増加は今後も継続すると予想され、フランクフルト市では人口が2030年には80万人を超えるという独自の計算のもと、それに対応した住宅政策をとっています。その一環として、フランクフルト市北部に位置するリードベルク(リードベルク)では、2020年までに266haの敷地に15000人分の住宅を準備するため建設ラッシュが続いています。主にモダンな集合住宅から成るこの地区では、すでに7500人が移住してきていますが、ここに建設された、フランクフルト市内では2例目となるプラスエネルギー集合住宅を紹介したいと思います。

(※全文:2175文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ZEHからプラスエネルギーの時代へ バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ