> コラム > ドイツで当たり前となった遮熱:外付けブラインドからスマートガラスへ
ZEHからプラスエネルギーの時代へ

ドイツで当たり前となった遮熱:外付けブラインドからスマートガラスへ

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「家やホテル、オフィスで暑いのは勘弁してほしい」というのは誰でも思うことです。暑さを感じる原因や、それに対して快適性を確保するための手法には様々なものがあります。除湿等の設備の話になる前に、躯体への対策がその第一歩となります。一つは断熱、二つ目は遮熱ですが、ドイツでは遮熱対策の一つである外付けブラインドが、新築において当たり前のようなパーツとなりました。この快適性や省エネを確保する中で重要な位置づけにある外付けブラインドが、何故スタンダードなものになったのか、また、ポスト外付けブラインドにあたるスマートガラスの利点とはということについて触れてみたいと思います。

(※全文:2254文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ZEHからプラスエネルギーの時代へ バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ