> コラム > ビジネス・観光客が時間を過ごすプラスエネルギーハウスの快適性は本物か
ZEHからプラスエネルギーの時代へ

ビジネス・観光客が時間を過ごすプラスエネルギーハウスの快適性は本物か

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ビジネス客や観光客が宿泊する施設の中には、ホテルだけでなく別荘や休暇用のアパートなどがあります。ミュンヘンには築80年の集合住宅をリフォームし、プラスエネルギーハウス化したうえで、こうした一時的利用者に部屋を貸し出す施設が人気を得ています。ホテルとは違い、広々とした快適な空間を売りにしているのが特徴ですが、その快適性が本物かを検証してみます。

(※全文:3245文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ZEHからプラスエネルギーの時代へ バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ