> コラム > 地形を恐れ、地形と戦った信長
日本文明を環境から解き明かす

地形を恐れ、地形と戦った信長

信長の比叡山延暦寺焼き討ち

1467年の応仁の乱をきっかけに日本全国で武士たちは領地を奪い合う戦国の世に入っていた。

1560年、日本中に衝撃的なニュースが流れた。足利将軍家を支え、将軍職をも継ぐ実力を誇っていた今川義元が討たれた。それもたった26歳の織田信長という若造に桶狭間の山中で討たれたというのだ。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 96 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.