> コラム > 家康の隠居地・駿府の謎 陸の防御都市、海の攻撃都市(前編)
日本文明を環境から解き明かす

家康の隠居地・駿府の謎 陸の防御都市、海の攻撃都市(前編)

コラム連載の第17回目は、徳川家康がどうして終(つい)の棲家(すみか)として駿府を選んだのかについて地形をもとにその謎を解いていく。

静岡にこだわった戦国大名

静岡市は駿河の国の府中、つまり駿府(すんぷ)と呼ばれていた。
1600年、関ケ原の戦いで勝利した徳川家康は、1603年に征夷大将軍に任じられた。その2年後の1605年に家康は将軍職を秀忠に譲り、1607年に江戸から駿府へ隠居した、と云われている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

日本文明を環境から解き明かす バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.